​東運寺の歴史

「釜寺」の通称で親しまれている念仏山東運寺は、阿弥陀如来像を本尊とする浄土宗の寺で、「釜寺」という通称の由来となった「身代わり地蔵尊」も安置されています。
 

戦国のころ、天正元年(1573)備前の僧一安上人が、安寿と厨子王の守り本尊「身代わり地蔵尊」を奉じてこの地に来ました。これに帰依した方南の大地主鈴木伊兵衛が屋敷を寄進して念仏堂としたのが、当寺の開創と、元禄14年(1701)もと住職であった祐梵上人筆の由緒書は伝えています。


この「身代わり地蔵尊」は、山椒太夫に釜ゆでにされそうになった厨子王を、お坊さんの姿になって助けたという言い伝えがあり、それにちなんで当寺本堂の屋根に釜を置いたといわれます。現在の大釜は、昭和20年の戦災で本堂焼失後、当地の信者が寄進したもので、米一俵を炊くことができるといいます。


文化財としては、元禄2年(1689)の刻銘のある半鐘や江戸初・中期の庚申塔・石仏などが保存されています。また、山門はもと田村右京太夫江戸屋敷の脇門(浅野内匠頭が通ったと伝えられる)であったのが、そのゆかりの人々の冥福を祈って寄進保存されたものです。

そのほか、中国山東省の孔子家より頂いた銘木「楷樹」が数株植えてあるのも珍しいです。
なお、大正11年、下谷入谷町にあった東運寺(慶安4年1651年茂山上人開山)と合併し、改めて念仏山東運寺となりました。

 
東運寺「釜寺」の祭祀財産
 
 
 
 
 
 
​お気軽にご相談下さい

納骨堂、ご葬儀、法要など、仏事等ご相談がございましたら、お気軽にご連絡下さい。

​お問い合せ
電話/ファックス:
03-3316-5801

浄土宗 宗教法人

東運寺 

 

〒168-0062 

東京都杉並区方南2-5-4 

​浄土宗関連サイト

Copyright © 東運寺